読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんとつめきり

気の向くまま雑記

アイサツ!

 (アイゾウサツバツ!)

 

 おはようございます。初めまして。

 私、物事の最初にセットでついてくる自己紹介ってとても苦手です。自信というものを持っていませんので、こう、PRに責任をとれないのですよね。自分というものが分かりません。概して「もう少し大きな声で」なんて注意されます。無難に名前と出身を言ってヨロシクで終わりたいものですが、抱負や何やらが付きまとってきたり。しかしまあ、ここは幸いにもインターネット。匿名が良くも悪くも許されているでしょうから、他人に迷惑でない限り、責任は目につくところに放っておいて思うままに打ちます。

 さて、ここの内容についてお話しましょう。

 

動機

 「自分から外に向かって働きかけねば……」というのがキッカケでしょうか。ちょっと待ってここは太陽の輝く外じゃないわよと思った貴方。interなネッツも僕にとっては外なのです。部屋にこもりがちで消費するばかり。生産的な趣味や特技もありませんし、学生の身ですが交流関係もほぼゼロ。じめじめスポンジ野郎です。このままだと自分から人生ドロップアウトしそうな予感、いや、片足踏み外してる自覚はあるんですが。

 人の話を聞くのは好きだけど自分のことを話すのは苦手という性分で、中にいろいろ溜め込んでしまう人間だと自負しています。ゆえに、吐き出す場所・吐き出したモノを確認できる環境を作りたいのです。とは言え、ヒトの吐しゃ物など本人も見たくありませんので、ある程度綺麗に整えて出力します。ネガティブは簡単に伝染しますから。

 まとめれば、「何かを書くことで考える力を鍛え、自信をつけるため」になります。クサいですね。

 

書くこと

 齢二十を過ぎて気づいた圧倒的人生経験不足に喘いでいます。日々をぽやーっと浪費しているものですから、もっと意識的に周囲を見るようにしたいですね。目的があれば恐らく出来ない事も無いので、まず生活上で経験・感じたことを書くことにします。例えば大学の講義内容を受けての事とか、娯楽作品を体験したこととか。不純な気もしますがネタのために過ごすのも悪い事ではないんじゃないかな。多分。きっと。続くといいですね(他人事)

 正直、これだけの事だとツイッターなんかでも十分なのでは、なんて考えてしまうのですが、「140字以内」の「リアルタイム」な「呟き」という性質上どうしても思考より感情が先走ってしまうきらいが個人的にありまして。冷静に自分の力で考えて文章を推敲して人前に出す、ということをするためにブログを活用しようと考えています。あとで見返したりも容易にできますからね。

 要するに、たくさん経験して、しっかり自分のものにする訓練をするために“書くこと”をしていきます。

 

とりあえず

 最初はこれぐらいにしておきます(結構疲れた)。でも書いてるとちょっと心が軽くなる感じがしますね。恐らくこんなものを読んでくれる方は少ないでしょうが、私としては「誰でも読める環境に自分が文章を書いている」という点が重要なので不定期でも続けていきます。いやまぁモチベーション維持には閲覧数が多ければ多いに越したことはないのですが高望みでしょう。

 それでは。