読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんとつめきり

気の向くまま雑記

ニチアサ感想+α(20151122)

 何か書かないとマズイ。そんな気がする日曜夜。

 

ブレイブビーツ 第6話

http://www.bravebeats.net/story/06.html

ワールドトリガー』?知らんなァ…

ダンスで色々解決したり成長したりするヒーロー物、ブレイブビーツ。

前番組のトライブクルクルは個人的にいまいちだったんですが(主に実写パートのせいで)、こっちはテーマがはっきりしてるしキャラも魅力的なのでずっと観れそうです。

 

今回はダンスパワーに引かれて地球に衝突し大惨事を引き起こしそうな謎の物体“地獄の踊り子”とやらをダンスで跳ね返すお話でした。自分でも何を言っているか分からないが実際そういう内容だったから仕方がない。

要するに小学生2人が相棒と一緒に地球を滅亡の危機から救うんですが、何だかこういう展開のゲームシリーズがあったぞ。

そう、『ロックマンエグゼ』ですね。私が小学生の頃はやりこんだものです。

シリーズを通して主人公の熱斗くんとロックマンは小学5年・6年という歳で幾度も地球の危機を救っています。「自分にはとても真似できない」と当時から思っていました。

話を戻すと、今回フラッシュビートに変身する響くんは「彗星が地球に衝突して街(地球)が壊滅する」という事実に怯え、一人廃屋に籠ってしまいます。そりゃそうです。だって彼は元々ダンスが好きではないし、ブレイキンと出会ってフラッシュビートに変身するようになったのも偶然でしたから。その「力」で人知れず彗星にダンスで挑み地球を守る(?)などといった責任も持てないし自信もないしそもそも小学生だし。というか全部ブレイキンがダンスワールドで調子に乗っちゃって地球に跳ばされたせいだし。

それでもまぁなんやかんやあって覚悟を決めた響くんは単身彗星にダンスをぶつけていたウィンクビート(かわいい)のところに駆けつけるわけです。螺旋力よろしくダンスの回転力を高め、地上の人々からも元気玉さながらにパワーをもらい、ついに“地獄の踊り子”を宇宙の彼方へはじき返したのでした。小学生強い。

終始最終回みたいなノリだったんですが未だに6話。これからも楽しく観れそうです。琴音ちゃんとアドリーヌとブレイキンが可愛いので皆も早起きして観ような!(雑)

 

 

ニンニンジャー 第38話

忍びの38「魔女っ子は八雲がお好き?」|手裏剣戦隊ニンニンジャー|テレビ朝日

あれ、もう38話?先輩忍者たちとの客演回でタイムラインが盛り上がったくらいしか記憶にないぞ!?

そんなこんなで先週の次回予告に懐かしのマジイエローの姿が見えてからこの時まで楽しみにしていたわけでした。

今日は青い忍者の加藤クラウド八雲回。イギリスの魔法学校からやってきたエレナちゃんに見栄を張って「魔法戦隊のリーダーをやってる」なんて書いて手紙を送っていたのが騒動の始まりだったわけですが、やっくんそんなキャラだったっけ?ていうか忍者成人式ってなんだよ!

特に目新しい展開もなく無事敵の妖怪を倒して終わり。伊賀崎家に魔法学校の臨時教師としてエレナを迎えにやってきた陣さn…じゃなくて翼兄ちゃんが“勇気”を語りマージマジマジーロしてスカイホーキーに跨ってサヨナラ!スカイホーキーの現物まだ残ってたんかい!

そして忍者成人式の晴れ姿にと超絶変化させられるやっくん。顔出しで。

 

えっまさかの初・顔出し変身がこんな日常の一コマのギャグ要素でいいの!?

もうちょっとほら絶望の淵から這い上がって最終決戦で素面名乗りとかそういうところで使う要素じゃないの?!!?!?

 

 

仮面ライダーゴースト 第7話

http://www.tv-asahi.co.jp/ghost/story/07/

御成の強烈なキャラに圧倒されつつ癒される毎週日曜朝8時。御成大好き。

前回大きな挫折から立ち直り、戦闘にも迷いが少なくなってガッシリとしたバトルスタイルを確立しつつあるように見えるタケル殿。ダイカイガン・オメガドライブの印を結ぶポーズの“静”の感じかっこいいよね……。

2号ポジのスペクターの背景からタケル殿の親父殿が生前行っていたこと(物語の始まりの始まり)にも迫りつつある内容でしたね。というかスペクターことマコト殿がタケル殿たちの幼馴染だったなんて私聞いてない!主人公とライバルが幼馴染同士というのはヒーロー物に限らずバトル物の王道な感じがあります、個人的に。

今回新たに出現した眼魂(アイコン)は“ビリー・ザ・キッド”。

……果たして彼は偉人なのだろうか、っていう疑問はまぁほら、銃使いフォームがないとさ、うん、締まらないじゃん。ね。という近寄りがたい雰囲気を感じざるを得ませんぞタケル殿~~!ガンガンセイバーの重量感とマルチギミックがたまりませんぞ~タケル殿~~!

ビリー・ザ・キッドといえば仮面ライダーBLACK・BLACK RXの南光太郎を演じた倉田てつをさんが経営するステーキハウスの名前もビリー・ザ・キッドでしたよね。ステーキ食いてぇ。ユ"ル"セ"ー"ン"!"!"!"

 

 

Go!プリンセスプリキュア 第41話

http://asahi.co.jp/precure/princess/story/backnum_41.html

ごきげんよう。39話の余韻からまだ抜けきっていません。はるはるの強さが眩しい。レッツゴー、プリンセス。

今回はプリキュアではないゆいちゃんメインの回。ちゃんとゆいちゃんの夢もフォローするお話を作る辺り、さすがと言わざるを得ません。これだから姫プリはやめられねぇ……

ゆいは皆の勧めで絵画コンクールに出品することにしました。彼女の夢である絵本作家への糧となるであろう挑戦です。しかし「優勝できる完璧な絵」を描こうとして筆が進まず、周囲の夢を持ったクラスメイトや夢に溢れた学園の環境についていけていない・取り残されていると感じるようになってしまいます。そんな折、尊敬する作家であり学園長である望月先生が小さな子ども達を集めて青空の下絵を描かせているところに出会います。一人の女の子の描く様子を眺めると活き活きとカラフルな花の画。その女の子との会話でゆいは絵を描く理由、コンクールに臨む気持ちを確かめ、固めたのでした。

結果は佳作でしたが、その絵はプリキュアの夢を守り夢を叶えるために努力する姿を身近で見ている彼女にしか描けない、夢の大切さを絵本で伝えたいという夢のこもった一枚でした。

 

最高かよ……

見ている間はずっとゆいちゃんにシンパシーを感じながら胃がきゅっとなっていました。姫プリはメッセージ性が一貫してしっかりしているので、このまま最終回までいったら個人的に歴代シリーズで一番の評価になりそうです。

 

 

鉄血のオルフェンズ 第8話

女性だらけ……シュラク隊……うっ頭が

戦闘シーンの無い回でもしっかりキャラやストーリーを掘り下げてくれるので毎週飽きずに楽しんで観ています。

テイワズ輸送部門・タービンズを率いる名瀬との対話でメッキがはがれ子どもらしさを見せてくれたオルガが印象的でした。CGSの大人ども(おやっさん以外)がロクデナシばかりだったので名瀬のような人格者が鉄華団と出会ってくれて一安心といったところですね。

三日月とオルガの共依存関係がたまらんすな。

 

 

もはやこれまで

ニンニンジャーの盛り上がらなさは異常。